o157 症状

o157の症状とは・・・

下痢・嘔吐・腹痛・悪寒・発熱(風邪と似た症状なんだそう)

一般的な食中毒と、区別がつかないものなんだそうです。


最悪の場合には、死亡してしまうこともあるっていうから、

相当、気をつけていないといけないっていうことですね。


特に、小さなお子さんや高齢の方は、症状が重篤になりやすいので、注意が必要なんだそうです。

ただ、このo157は、いわゆる「腐敗菌」とは違うため、

見た目とか、臭いとか、味とかでは、わからないものなんだそうです。

食べたときに、味とか臭いで異変を察知することができないっていうことで、

とてもやっかいな菌っていうことが、いえるようです。


o157の潜伏期間とかも、一般的な食中毒と比較すると、長いっていうことで、

症状が出たときには、「あの食材が怪しい」って、わかりづらいっていうこともあるんだそうです。

o157 予防

o157を予防するには・・・

熱に弱いんだそうです。

『75℃で、1分間加熱する』ことで、o157は、死滅してしまうんだそうです。

まな板とか包丁とかは、これをしたいですね。


また、酢酸(お酢)、アルコール(水分を飛ばす)、紫外線が、有効なんだそうです。

食材にお酢をかけると、予防にはなるけど、味が・・・

ということで、『お酢を使ったスプレー』をかけるといいんだそうです。


※『お酢を使ったスプレー』の作り方

お酢が1、お水が9の液体を用意。

それをスプレーボトルに入れる。


※※これを食材にスプレーして、3分間置いて、水洗いをすると、いいんだそうです。

(でも、見た目とか、味とか、変わってしまいそう・・・)

 

そこで、市販されている商品で、良いものがあるんだそうです。
↓↓↓

 


これは、菌の細胞膜を破壊して、殺菌をしてくれるんだそうです。

※味には変化がないんだそうです。
ただし、ちょっとだけニオイがあるんだそうです。(刺激臭ではないので、大丈夫なんだそう。)

※※お刺身とかにもかけられるんだそうです。

※※※通販。一部のスーパーや薬局でも販売されているんだそうです。
業務用の場合には、濃度が違う可能性があるので、注意が必要なんだそうです。(薄めるんだそうです。)

 

洋服と日用雑貨の通販

 

© 2017 o157 rss