スマホ老眼

スマホ老眼になる若い人が、多いんだそうです。

老眼っていう言葉から、若い人は、無関係っていうイメージがあったのですが。

最近は、若いはずなのに、老眼の症状を訴える人が増えているんだそうです。


ただ、まだ、若いうちなら、目のトレーニングとかを行うことで、老眼が改善するっていうこともあるんだそうですが。

ただ、原因に対処をしないで、老眼トレーニングを行ったとしても、焼け石に水っていうことで。


とはいえ、今の若い人に、スマホは目に悪いから、セーブしましょうって言っても、ほとんど聞く耳を持たないとも。


でも・・・その老眼の症状をそのまま放置していると、失明してしまうかもっていうお話なら・・・!

失明してしまったら、それこそ、スマホどころか、身の回りが全部、見えないっていうことになってしまうのですから、とても恐ろしいことです。

老眼とは

人間の眼球には、レンズの働きをしてくれる水晶体という器官があって、

この水晶体の厚みを変えることで、遠くを見たり、近くを見たりしているんだそうです。

この厚みを変えてくれているのが筋肉なのですが、

その筋肉が、何らかの原因(主に加齢)で、衰退してしまうことで、

見えづらくなってしまうんだそうです。


さらに、困ったことに、筋肉の衰えだけではなく、

水晶体自体が、固くなってしまって、焦点を合わせづらくなってしまうっていうこともあるんだそうです。


一般的には、焦点を合わせづらくなって、モノを見るときに、見えづらくなってしまうんだそうです。

こういった老眼の症状のほとんどは、従来は、年齢からくるものという理解をしていたのですが、

最近は、スマホなどの普及にともなって、若い人に、こういった老眼の症状が、現れるようになってきているんだそうです。


ただ、モノが見えづらいっていうだけなら、まだ、生活のしようもありそうなのですが、

そのまま放置して、なんの対策もとらないでいると、

今度は、白内障になってしまう可能性が、あるんだそうです。

水晶体が、固くなってしまうことで、

動きが悪くなり、だんだんと白く濁るようになってしまうんだそうです。

視界が、白っぽくなり、どんどんぼやけてしまって、

進行してしまうと、『失明』してしまうかもしれないんだそうです。

 

悪循環ですよね。

老眼(スマホ老眼)→白内障→失明って。

考えただけで、恐ろしいことです。

老眼 改善

なんとか、予防したり改善したりできないものなのでしょうか。

ということで、先日、テレビを見ていたら、『ルテイン』っていう物質が、いいって、言ってました。

ルテインを摂取することで、それらの成分が、眼球の付近に集まってきて、

水晶体が固くなったり、白く濁ったりするのを防いでくれるんだそうです。


ということで、若い人ほど、こういったルテインを多く含んだ食品を摂取してほしいものです。

(年寄りはかまわないっていう意味ではなく、まだまだ、これからの年代の方には、どんどん活躍をしてほしいっていう意味合いです。)


ルテインが多く含まれている食材は・・・

ほうれんそう、リーフレタス、ブロッコリーなど。

ほうれんそうを炒め物にして食べると、いいんだそうです。

ルテインは、油に溶けやすいので、炒め物にして、油といっしょに摂取すると、とても吸収がしやすくなるんだそうです。


若い人ほど、気をつけたいものですね。

こちら⇒ルテイン

 

洋服と日用雑貨の通販

 

 

 

© 2017 老眼 rss